薄毛・抜毛の対策について解説します

インフォメーション

ダ薄毛 脱毛 『薄毛・抜毛の対策』のサイトへようこそ!
当サイトは、薄毛・抜毛の対策について情報提供を目的として作成しました。 ぜひ、薄毛・抜毛の対策にご利用をご検討ください。
 薄毛・抜毛の対策以外にも増毛方法などのについて解説しますのでご利用ください。
スポンサードリンク

薄毛、抜け毛の情報

飲む育毛剤でもシャンプーでもない、抜け毛に効く発毛パックは優れもの

白髪や薄毛だと、年齢以上に老けて見えて、ちょっと損をしてしまうこともあります。お悩みの方も多いかと思います。

抜け毛や薄毛対策というと、まず育毛ローションや薬などを思いつきますが、こうした既成概念を破って登場したのが発毛パックです。

抜け毛・薄毛に効果的として、徳島県の【温知堂鍼灸氣院】で生まれた発毛パックは、全国にもその名を知られるようになりました。

最近よく耳にするようになった「発毛パック」。名前だけは知っているけど、詳しいことはあまり知らないという人が多いですよね。ここでは発毛パックのことを詳しくご紹介しましょう。

使用方法はとても簡単で、温和堂特性の天然成分100%の発毛剤を頭部に塗布し、30分ほどパックするだけ。
その後、発毛パックをシャンプーで洗い流せばOK。
この手軽さで抜け毛・薄毛に効果があるならば、使ってみる価値はありますね。

実際に発毛パックを使用した人 の使用前後の写真を見比べると、使用前と後では明らかに毛量が違います。

これほどの抜け毛・薄毛改善効果を見れば、発毛パックを含む発毛治療の費用も高くは感じられません。
費用は月極めで2万円、徳島県外在住者は4回で2万円。
集中発毛コース全10回を一括支払いにすると16万円です。

CMなどでおなじみの大手の発毛クリニックでは、軽くこの数倍の費用がかかりますので、発毛パックはたしかな抜け毛・薄毛改善効果を実感できる、費用対効果の高いスグレものといえます。

どうしても「人は見た目で判断」してしまうものです。
発毛パックで抜け毛・薄毛対策すれば若返るというだけでなく、きっと失った自信も回復することでしょう。

抜け毛・薄毛の予防や対策に頭皮マッサージ

抜け毛が増え、薄毛が心配されるような場合は、つい投げやりになるものです。「どうせ何をやっても無駄だ」。そう考えて、大量の抜け毛があっても見て見ないふりをし、薄毛症状が日々進行していっていませんか? 「いいかげん、抜け毛や薄毛の進行具合を無視できる状況ではなくなった。でも、何から手をつけていいのか分からない」。そのような場合は、マッサージから手をつけるのもいいでしょう。

抜け毛・薄毛対策用の育毛剤は多く、マッサージ専用ブラシなども市販されていますが、実は手指でのマッサージでも十分な効果を期待できるのです。ポイントは毛根を刺激して抜け毛・薄毛を予防すると同時に発毛を促すことですから、手指でのマッサージでも特に差し障りはありません。

ただ、マッサージ専用ブラシでのマッサージにしても、手指でのマッサージにしても、やさしく、全体を揉み込むような動作が求められます。高い効果を期待するあまり、頭皮を極端に強く叩くのは逆効果です。頭皮を傷つけて、抜け毛・薄毛を悪化させてしまう恐れがあります。また、マッサージを行う際は、抜け毛・薄毛が心配される箇所だけでなく頭部全体をマッサージすると、抜け毛・薄毛予防効果が高まるそうです。

 頭皮マッサージを行うことで血行がよくなり、抜け毛・薄毛予防効果が期待されますが、実は頭皮マッサージには「嬉しい誤算」があります。それは、マッサージによって頭部のツボを刺激することで、顔や腹部の筋肉を引き締めることができる点です。

頭皮マッサージにより顔の筋肉がアップして、リフトアップにもなりますので、抜け毛・薄毛対策としてだけではなく美容対策としても大変有効です。たるみが気になる世代の女性には、きっとこの情報に飛びつきたくなることでしょう。 ヘッドエステなどでマッサージを受ける機会があったら、ぜひ頭部のツボを覚えて自宅での頭皮マッサージに応用し、薄毛・抜け毛対策に役立てましょう。

漢方が及ぼす発毛効果とは

東洋の神秘「漢方医学」。伝統中国医学の影響を受けて日本で独自に発展した漢方では、陰陽五行理論による診察法を基本とするなど、西洋医学とは一線を画した治療が行われます。

 漢方のなかでも特に有名で、また多くの人が利用しているのは漢方薬でしょう。飲んだことはなくても一度は名前を聞いたことがある葛根湯も漢方薬の一種です。また、漢方薬は、一部の育毛剤・発毛剤にも配合されていることからも分かるように、発毛対策にも有用です。自然成分でできていて身体にもやさしい漢方は、肌が弱い人なども安心して使うことができるでしょう。

 漢方に基づいて考えると、抜け毛や薄毛の原因は2パターンに分けることができます。ひとつは「不足」、もうひとつは「停滞」。発毛に必要な栄養が「不足」するパターンと、発毛に必要な栄養が行き渡らずに「停滞」するパターンです。発毛を促そうにも、頭部の血行が悪くてはなかなか効果が現れません。現代人は血行不良に悩まされがちですが、この血行不良は発毛にも影響を及ぼすのです。それでは、発毛のためには、どのような漢方薬を摂ればいいのでしょうか。症状別に書き出してみましょう。

脱毛 脱毛

<血行不良>
加味逍遥散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
<栄養不足・血液量不足>
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 漢方薬は症状にピンポイントに効くのではなく、関連する症状全体に緩やかに効くので、発毛対策で飲んだ漢方薬が思わぬ健康効果をもたらすことも考えられます。基本的にオーダーメイド・スタイルで、個々人の体調に合わせて処方する漢方では、服用量が一律の市販薬と違って過不足に困ることもありません。発毛したうえに体調も改善されるという一挙両得なことは、漢方では起こりうる話です。

【薄毛・抜毛に関する新着情報】

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0