薄毛・抜毛の対策について解説します

薄毛

飲む育毛剤でもシャンプーでもない、抜け毛に効く発毛パックは優れもの

白髪や薄毛だと、年齢以上に老けて見えて、ちょっと損をしてしまうこともあります。お悩みの方も多いかと思います。

抜け毛や薄毛対策というと、まず育毛ローションや薬などを思いつきますが、こうした既成概念を破って登場したのが発毛パックです。

抜け毛・薄毛に効果的として、徳島県の【温知堂鍼灸氣院】で生まれた発毛パックは、全国にもその名を知られるようになりました。

最近よく耳にするようになった「発毛パック」。名前だけは知っているけど、詳しいことはあまり知らないという人が多いですよね。ここでは発毛パックのことを詳しくご紹介しましょう。

使用方法はとても簡単で、温和堂特性の天然成分100%の発毛剤を頭部に塗布し、30分ほどパックするだけ。
その後、発毛パックをシャンプーで洗い流せばOK。
この手軽さで抜け毛・薄毛に効果があるならば、使ってみる価値はありますね。

実際に発毛パックを使用した人 の使用前後の写真を見比べると、使用前と後では明らかに毛量が違います。

これほどの抜け毛・薄毛改善効果を見れば、発毛パックを含む発毛治療の費用も高くは感じられません。
費用は月極めで2万円、徳島県外在住者は4回で2万円。
集中発毛コース全10回を一括支払いにすると16万円です。

CMなどでおなじみの大手の発毛クリニックでは、軽くこの数倍の費用がかかりますので、発毛パックはたしかな抜け毛・薄毛改善効果を実感できる、費用対効果の高いスグレものといえます。

どうしても「人は見た目で判断」してしまうものです。
発毛パックで抜け毛・薄毛対策すれば若返るというだけでなく、きっと失った自信も回復することでしょう。


発毛と女性の薄毛の関連とは

女性の薄毛の原因もさまざまです。広く知られるところでは「分娩後脱毛症」や「びまん性脱毛症」などがありますが、その他にも女性の薄毛の原因となる脱毛症はいくつかあります。そのひとつは、「牽引性脱毛症」と呼ばれるもの。これは読んで字のごとく、髪の毛を一定以上の力で長時間引っぱることで起きる脱毛症です。ポニーテールなどで髪の毛を長時間結ぶ女性も多いですが、薄毛予防という観点に立てば結び方を工夫したほうがいいかもしれません。もうひとつ、女性の薄毛の原因として考えられるのは「抜毛症」。これはストレスに起因するもので、睡眠時などに無意識に髪の毛を抜いてしまうケースが多いようです。

 しかし、やはり何といっても、女性の薄毛の原因で多いのは「分娩後脱毛症」と「びまん性脱毛症」でしょう。産後、「このまま薄毛になってしまうのでは?」と心配になるほど、大量の抜け毛に悩まされる女性は多いと思います。これは「分娩後脱毛症」と呼ばれるもの。この脱毛症の原因は、産後の女性が必ず見舞われるホルモンバランスの変化です。一般的には、ホルモンバランスが通常に戻れば抜け毛も収まらずますので、一時的に抜け毛が増えた女性も、不可逆的な薄毛の心配をすることはないでしょう。赤ちゃんの授乳が終わる半年後ぐらいから、徐々に戻りはじめると言われます。

 女性がなりやすい薄毛で、分娩後脱毛症に並んで多いのが「びまん性脱毛症」です。びまんとは、漢字では「弥漫」と書き、物事が蔓延する様を指します。文字通り、びまん性脱毛症とは頭部全体に広がる薄毛を指します。男性型脱毛症の場合は、髪の毛がある部分と脱毛部分の境目がひと目でわかります。しかし、女性特有のびまん性脱毛症の場合は、全体的に髪の毛の密度が薄くなるため、まずは薄毛というよりボリュームの減少を自覚するようになります。その後、薄毛症状が進行すると、地肌が透けて見えるようになります。

かかりやすいのは中年以降の女性と言われますが、最近では過度のダイエットによる栄養不足から、若くても薄毛に悩まされる女性は多いです。せっかく綺麗になるために始めたダイエットで薄毛を招いてしまっては本末転倒。ダイエットに励む女性も薄毛を防ぐために、髪の栄養源となるたんぱく質やビタミン、ミネラルなどは意識して摂るようにしましょう。

 薄毛は男性だけの悩みではありません。女性もさまざまな要因から薄毛に悩むことがあります。もし薄毛の兆候が出はじめたら、「私は女性だから薄毛の心配はない」などと思わず、早めに手を打ったほうがいいかもしれません。


女性の薄毛の原因

ストレス、ホルモンバランスの乱れ、食生活の偏り、喫煙、アルコールなど、女性の抜け毛の原因は多様です。なかでも多くの女性が経験するのは産後の抜け毛や薄毛。妊娠中は抜けなかった髪の毛が、出産後に大量に抜けはじめた、薄毛になるのでは、と不安になる女性も多いでしょう。この抜け毛の原因は、出産後のホルモンバランスの変化にあります。出産後の女性なら誰でも起きうる抜け毛で、ホルモンバランスが妊娠前に戻っていくにつれて抜け毛も落ち着いてきますので、恒久的な薄毛を心配する必要はありません。

ただ、この回復期には、妊娠中に増えた体重を元に戻そうとダイエットに励む女性も多いでしょう。ダイエットが抜け毛や薄毛に直結するわけではありませんが、ダイエットも栄養バランスが乱れると、抜け毛や薄毛を誘発する恐れがあります。特に、髪の栄養源となるたんぱく質やビタミン、ミネラルなどは意識して摂るようにしましょう。

 男性型脱毛症の場合は、額や頭頂部から抜け毛・薄毛が進行しますが、女性の抜け毛で多いのが、髪全体の密度が薄くなる「びまん性脱毛症」と呼ばれるもの。原因はストレス、ホルモンバランス、食生活の乱れなどさまざまですが、見た目の美しさも意識する女性にとって、抜け毛・薄毛の問題は男性に輪をかけて深刻かもしれません。

 ストレスや多忙から、慢性的な睡眠不足に陥ったり、タバコを吸ったりする女性も多いです。しかし、どちらも髪の毛には大敵です。女性の場合は抜け毛・薄毛の問題だけでなく、お肌へのダメージも心配ですので、十分に注意する必要があります。頭皮も肌の一部です。日ごろのスキンケアに気を配る女性は多いですが、頭皮も肌の一部だと考え、抜け毛・薄毛を防ぐために入念な手入れを心がけましょう。


薄毛や抜け毛のサイクルとは

「毛周期」という言葉もすっかりお馴染みになりました。ただ、名前こそ有名な毛周期も、具体的なサイクルとなるとあまり知られていません。毛周期は薄毛や抜け毛のメカニズムを知る手がかりともなりますので、ぜひ覚えておきましょう。

 髪の成長、抜け毛、薄毛を調整する毛周期。その毛周期を大きく3つに分けると、成長期、退行期、休止期に分かれます。成長期では髪の毛が伸び、退行期では成長が止まります。成長期は3~6年、退行期は2~3週間です。これを経ると休止期に入り、次に生えてくる髪の毛に押し出されて抜け毛が起きます。この休止期はいわば、新しい髪の毛が生えてくるのを待つ「さなぎの時期」なので、抜け毛も新しい髪の毛が生えるための通過儀礼と考えればいいでしょう。

 では、新しい髪の毛はどこから生えてくるのか。こちらもよく耳にする「毛根」です。毛根は新しい髪の毛の源となり、抜け毛や薄毛をもつかさどる重要な箇所です。毛根のさらに根元には「毛乳頭」と呼ばれる部分があり、何らかの原因でこの毛乳頭に栄養が行き届かなかったり、成長をブロックするサインが発せられたりすると、薄毛・抜け毛を引き起こします。

 しかし、その抜け毛が薄毛の序曲なのか、それとも毛周期のサイクルなのか見極める必要があります。1日の抜け毛は男性で100本、女性で150程度。この範囲内であれば、特に薄毛を心配することはありません。ただ、抜け毛の量が前述の量を大きく上回るのであれば、毛周期が乱れている可能性が高いので、発毛のメカニズムを理解し、何らかの薄毛対策を講じる必要があるでしょう。転ばぬ先の杖。薄毛が目立つようになってからでは手遅れです。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0