薄毛・抜毛の対策について解説します

漢方が及ぼす発毛効果とは

東洋の神秘「漢方医学」。伝統中国医学の影響を受けて日本で独自に発展した漢方では、陰陽五行理論による診察法を基本とするなど、西洋医学とは一線を画した治療が行われます。

 漢方のなかでも特に有名で、また多くの人が利用しているのは漢方薬でしょう。飲んだことはなくても一度は名前を聞いたことがある葛根湯も漢方薬の一種です。また、漢方薬は、一部の育毛剤・発毛剤にも配合されていることからも分かるように、発毛対策にも有用です。自然成分でできていて身体にもやさしい漢方は、肌が弱い人なども安心して使うことができるでしょう。

 漢方に基づいて考えると、抜け毛や薄毛の原因は2パターンに分けることができます。ひとつは「不足」、もうひとつは「停滞」。発毛に必要な栄養が「不足」するパターンと、発毛に必要な栄養が行き渡らずに「停滞」するパターンです。発毛を促そうにも、頭部の血行が悪くてはなかなか効果が現れません。現代人は血行不良に悩まされがちですが、この血行不良は発毛にも影響を及ぼすのです。それでは、発毛のためには、どのような漢方薬を摂ればいいのでしょうか。症状別に書き出してみましょう。

脱毛 脱毛

<血行不良>
加味逍遥散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
<栄養不足・血液量不足>
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 漢方薬は症状にピンポイントに効くのではなく、関連する症状全体に緩やかに効くので、発毛対策で飲んだ漢方薬が思わぬ健康効果をもたらすことも考えられます。基本的にオーダーメイド・スタイルで、個々人の体調に合わせて処方する漢方では、服用量が一律の市販薬と違って過不足に困ることもありません。発毛したうえに体調も改善されるという一挙両得なことは、漢方では起こりうる話です。

タグ :

関連記事

  1. 発毛とコラーゲンの関連
  2. 発毛にストレスが与える影響とは
  3. 頭皮クレンジングは育毛を促進する

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 漢方が及ぼす発毛効果とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://usuge.gooyle.biz/mtos/mt-tb.cgi/185


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0