薄毛・抜毛の対策について解説します

発毛と女性の薄毛の関連とは

女性の薄毛の原因もさまざまです。広く知られるところでは「分娩後脱毛症」や「びまん性脱毛症」などがありますが、その他にも女性の薄毛の原因となる脱毛症はいくつかあります。そのひとつは、「牽引性脱毛症」と呼ばれるもの。これは読んで字のごとく、髪の毛を一定以上の力で長時間引っぱることで起きる脱毛症です。ポニーテールなどで髪の毛を長時間結ぶ女性も多いですが、薄毛予防という観点に立てば結び方を工夫したほうがいいかもしれません。もうひとつ、女性の薄毛の原因として考えられるのは「抜毛症」。これはストレスに起因するもので、睡眠時などに無意識に髪の毛を抜いてしまうケースが多いようです。

 しかし、やはり何といっても、女性の薄毛の原因で多いのは「分娩後脱毛症」と「びまん性脱毛症」でしょう。産後、「このまま薄毛になってしまうのでは?」と心配になるほど、大量の抜け毛に悩まされる女性は多いと思います。これは「分娩後脱毛症」と呼ばれるもの。この脱毛症の原因は、産後の女性が必ず見舞われるホルモンバランスの変化です。一般的には、ホルモンバランスが通常に戻れば抜け毛も収まらずますので、一時的に抜け毛が増えた女性も、不可逆的な薄毛の心配をすることはないでしょう。赤ちゃんの授乳が終わる半年後ぐらいから、徐々に戻りはじめると言われます。

 女性がなりやすい薄毛で、分娩後脱毛症に並んで多いのが「びまん性脱毛症」です。びまんとは、漢字では「弥漫」と書き、物事が蔓延する様を指します。文字通り、びまん性脱毛症とは頭部全体に広がる薄毛を指します。男性型脱毛症の場合は、髪の毛がある部分と脱毛部分の境目がひと目でわかります。しかし、女性特有のびまん性脱毛症の場合は、全体的に髪の毛の密度が薄くなるため、まずは薄毛というよりボリュームの減少を自覚するようになります。その後、薄毛症状が進行すると、地肌が透けて見えるようになります。

かかりやすいのは中年以降の女性と言われますが、最近では過度のダイエットによる栄養不足から、若くても薄毛に悩まされる女性は多いです。せっかく綺麗になるために始めたダイエットで薄毛を招いてしまっては本末転倒。ダイエットに励む女性も薄毛を防ぐために、髪の栄養源となるたんぱく質やビタミン、ミネラルなどは意識して摂るようにしましょう。

 薄毛は男性だけの悩みではありません。女性もさまざまな要因から薄毛に悩むことがあります。もし薄毛の兆候が出はじめたら、「私は女性だから薄毛の心配はない」などと思わず、早めに手を打ったほうがいいかもしれません。

関連記事

  1. 飲む育毛剤でもシャンプーでもない、抜け毛に効く発毛パックは優れもの
  2. 女性の薄毛の原因
  3. 薄毛や抜け毛のサイクルとは

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 発毛と女性の薄毛の関連とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://usuge.gooyle.biz/mtos/mt-tb.cgi/183


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0