薄毛・抜毛の対策について解説します

増毛する

毛髪と頭皮の深い関係とは?

頭髪と頭皮の関係を知っておくことが、頭皮クレンジングの必要性を認識するための大いなる助けとなります。頭皮クレンジングというものは、この皮膚の部分に着目したものです。

「毛根」というものが、毛髪の皮膚の下にある根本の部分があります。この毛根の尖端に「毛乳頭」と呼ばれる部分が存在します。頭皮の下を流れる血液中の栄養や酸素をこの「毛乳頭」が受け取る役目をしています。

皮膚から髪が生えてきます。さらに髪と皮膚の主成分は同じたんぱく質からできています。このような理由で、頭皮クレンジングによって皮膚を健康に保つことが、健康的で太い髪を作ることと関係があるのです。

またこのときに髪の毛を作る「毛母細胞」に栄養や酸素を送るとともに、髪を長くしなさいという信号も「毛母細胞」に送っているのです。

それに加えて、「毛乳頭」の働きを活性化するには、頭皮クレンジングすることで可能となります。このように頭皮を清潔にすることは豊かな髪を取り戻そうとする上でとても大切なことなのです。毛細血管の流れをよくすることによって髪を作りやすくできますので、とても大切なことなのです。

この場合。もし血液の流れが悪くなると当然のことながら髪を作り出す能力が衰えます。毛根や毛穴に詰まっている皮脂がその原因となるのです。頭皮クレンジングすることにより、頭皮をしっかり洗浄することで毛髪の汚れのみならず、毛穴に付着したり詰まっている皮脂を洗い流ス「役目があるのです。


増毛の方法とは

薄毛の悩みの解消を考える場合には、大きく分けると次の2つの方法があります。
育毛と増毛 この2つの違いは何でしようか?

一つ目の 育毛 とは、自分自身の髪の毛を増やすことが基本です。
地肌や髪を清潔かつ健康に保ち、抜け毛を防いで強い髪にしていくことにより、正常なヘアサイクルをを取り戻しつつ 、自身の髪の毛を育てていきます。
髪が元通りに戻れば一番ですが、これには相当な日数を要し、結果、長期戦ということになります。自分に合った方法を探すのも大変です。 

二つ目の 増毛 とは、髪の少ないところに髪の毛が生えているようにみせるのもです。
特薄特殊素材を使っているのが特徴です。具体的には増毛スプレーなど自分の髪以外のものを使って人工的に髪を増やす方法で、一般的に、人工毛髪のようなものを元々生えている自毛に結びつけてあげるものを指します。

増毛スプレーは 自分の髪を濃く太くして、髪の数を増やすのではなくて、人工的に髪を増やす方法ですから、ちょっとした髪の増量に効果があります。短かい時間で即効性が実感できる増毛法です。また長期的に持続するものではありませんが、比較的手軽にに試すことができて便利な方法といえます。


増毛スプレーについて

増毛法には、様々な商品が出回っています。そのうちのひとつ 増毛スプレーは、薄くなってきた毛や、細ってきた毛を少しでも多く見せることに効果的です。白髪が気になる部分や、薄毛の部分、または髪の分け目などに増毛スプレーをスプレーすることで、簡単にボリューム感のある黒髪になる事ができるのです。

洗い流したい時は、通常通りにシャンプーで髪を洗えば簡単におとすことができて便利です。
他の育毛法を試しているけれど、まだまだ充分な結果が出ていない人や、朝の忙しい時などに短時間で髪の量を多く見せたい場合には最適と言えます。

市場にはさまざまな種類の増毛スプレーが販売されています。値段は安いものでは千円程度のの物からあるようです。増毛スプレーを使うことにより、手早く髪の量を増やす具体的な使用法は次のようなものです。

イオン性ポリマー樹脂などの微粒子をスプレーを、毛髪が薄い部分や白髪が気になる部分に
吹き付け、定着させるのです。 自毛のかさ増しを考えた、瞬時に増毛できる手軽な方法です。

スプレーするだけなので、比較的気軽に試すことができます。つまり脱毛スプレーは、女性がまつげの量を増やすためにマスカラを塗るのと同様な原理です。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0